SNSを使った効果的な集客方法

SNSを使った効果的な集客方法とは

>

SNSを利用する時にやってはいけないこと

SNSの失敗例から学ぶ

SNSを利用したマーケッティングの失敗例を見ていきます。

一番多いのは、表現が不適切で炎上してしまう場合です。
最近は、言葉に対する感度があがっているため、以前ならスルーされていたようなものも簡単に炎上してしまいます。炎上する言葉はLGBTや格差に関することなど様々です。

次に多いのは、社内に適当な人材がいなくて効果があげられないケースです。IT人材不足の傾向からSNSに強い人材確保は困難です。社内で無理と判断したら外部の力を使うなどの手段を講じる必要があります。

最後は、ターゲットが絞り込みが足らなかったり、ターゲットに合わない媒体を使っているケースです。
例えばフェイスブックの利用率は、若い世代ではそれほど高くありません。そのため若い女性をターゲットにしている場合は、フェイスブックを選んではいけないのです。

ちょっと高度な注意事項

一時的にうまくいったとしてもだんだん効果が薄れる場合があります。それでやめてしまったために他のメディアも悪影響を受けてしまったケースがあります。SNSは中長期的な視点で運営しなくてはなりません。

ここでは、中長期的な期間で運営するときの注意事項をお伝えします。

まず、SNS単体で考えてしまう失敗をあげます。フェイスブックやインスタグラムで広告を見た人が、グーグルで検索して購入するケースが少なからずあります。表面的な効果がないと言って、SNSを閉じてしまうと、グーグルにたどり着く手段が無くなってしまって、売り上げが減少してしまいます。

次にSNSに合わない商品広告をだしてしまう失敗です。すきま時間で利用するSNSなのであまり高額商品の購入にはつながりません。購入検討に時間を要する高額商品よりもちょっと興味を引いた時にでも買えるような低価格の商品が向いています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る